パフォーマンス インテグレーション
本来の身体の機能を取り戻しましょう!Achieve your GOALS. We are Here to Help!
ご予約はこちら!Book Now!

箱根駅伝の更なる可能性

2018年の箱根駅伝は青山学院大学の優勝、同大学の2015年から続く4連覇で幕を閉じました。箱根駅伝は毎年大きな注目を集め、日本中で多くの人が見るお正月の一大イベントです。それほどの大イベントですが、実は出場校は関東周辺の大学だけに限られているのです。知っていましたか?僕は数年前に知ったばかりです。箱根駅伝は全国大会に早急にするべきだと思います。 箱根駅伝は関東学生陸上競技連盟に加入している大学のみが出場の権利をもっていて、それ以外の地域の連盟に所属している大学は参加資格がありません。平成29年度は158校が関東学生陸上競技連盟に加盟しています。これらの大学は出場資格がありますが、東北や関西、九州の大学には参加資格が初めから無いのです。ですから、箱根駅伝は全国大会ではないのです。もし、他の地域の大学が参加可能になったら今まで以上に盛り上がるのではないでしょうか。愛校心や地元愛は人々の心にあるもですから関東圏以外でも盛り上がるでしょう。 アメリカの大学スポーツではスポンサー料などで大きなお金が動くのは珍しくありませんが、箱根駅伝ほどのお金が動く大学スポーツは日本ではまだ珍しいのではないでしょうか?高橋大樹氏によると サッポロビールは中継が始まった1987年以来継続するスポンサーであり、そのスポンサー料は1回で10億円を超えるといわれている。 また、箱根駅伝で優勝した大学のスポンサーをしているスポーツメーカーの宣伝効果は60億円ともいわれているそうです。全国区になればさらに中継のスポンサーやチームのサポートスポンサーも増えるでしょう。 現在の日本の大学スポーツでこれほどまでに大きなビジネスになり、国中から注目されているスポーツはないのではないでしょうか。箱根駅伝が全国規模の大会になったらさらに注目度も上がるでしょうし、経済効果もあがるでしょう。参加可能な学校が全国規模になれば現在の強豪校で試合に出れない能力のある選手の分散になり、全体のレベルアップにつなげる事もできるでしょう。また、そうなるためには各学校のコーチのレベルアップ、大学の受け入れ態勢や環境の向上も不可欠です。それによりこの大学スポーツがさらに盛んになりビジネスとして今まで以上に確立して日本のスポーツ界の発展につながる可能性を秘めていると思います。 参考文献 http://www.kgrr.org http://www.kgrr.org/about_iuauk/h29_kameikouitiran.pdf http://biz-journal.jp/2013/12/post_3544.html  

2018年はここから!

僕の2018年はアースフレンズ東京Zと始まりました。僕がサポートするZは元旦から試合がありました。Bリーグはシーズン真っ盛りなのでお正月でも試合があるのです。元旦にもかかわらず、1400人以上のお客様が大田区総合体育館にいらっしゃり大変面白い試合になりました。 バスケットボールはこの時期がシーズンなのは日本もアメリカも同じです。アメリカの大学で勤務していたときもこの時期は休みではなく元旦から練習だったことがほとんどでした。シカゴでクリニックを始めてからは普通の暦に戻ったので今年は5年ぶりにお正月から仕事でした。久しぶりの懐かしい感覚で、元旦から引き締まる思いになるので僕は結構好きです。 今日、2日も昨日と同じく大田区総合体育館で群馬戦があります。お時間のある方は是非、Zの応援に来てくださいね!

2018 明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。 2018年、みなさんはどんな年にしたいでしょうか?新年の目標は何でしょうか?身体に関する目標を立てた方もいらっしゃるのではないでしょうか。腰や膝の痛みを無くしたい。スポーツパフォーマンスを向上させたい。もし、そのような目標をお持ちでしたら是非一度パフォーマンス インテグレーションにご連絡ください。それらを改善するお手伝いができます。 詳しい内容はホームページをこちらからご覧ください。 ご質問がある方はお気軽にこちらにご連絡ください。 Info@theperformanceintegration.com ご予約はこちらからお願いします。 皆様からのご連絡を心からお待ちしております。

今年もありがとうございました。

今年も大変お世話になり、ありがとうございました。 6月にシカゴからから日本へ本帰国をし、10月下旬から東京、市ヶ谷にて新たにパフォーマンスインテグレーションをオープンしました。まだ始まって2ヶ月ですがいろいろなお客様にお越しいただきありがとうございました。 2018年もみなさまの身体のお役に立てるよう頑張りますのでよろしくお願いします。みなさまのお越しをお待ちしております。

異文化での経験:ウォーレン クロマティーと村上雅則

  野球の第一人者であるウォーレン クロマティーと村上雅則が日本とアメリカで野球をしたそ経験を語りました。この講義は東京にあるアメリカ大使館で行われ、約100人ほどの聴衆が集まりました。講義では同時通訳がイヤホンを通じて聞けるようになっていました。彼らの異文化での経験を聞くのはとても興味深く、僕自身もアメリカで生活をしていたので彼らの話には頷けることが多かったです。